お知らせ

投稿日:2023年4月6日

知って納得!原状回復工事・スケルトン工事の違い

物件をオーナーや管理会社に明け渡す時は、入居前の状態に戻さなければいけません。
入居前の状態に戻すために、「内装解体工事」が必要となます。
内装解体工事は大きく分けて2種類、原状回復工事・スケルトン工事がございます。

今回は、「原状回復工事・スケルトン工事の違い」についてご紹介いたします。

■原状回復工事とは

原状回復工事は、一言でいうと借入時の状態に戻す工事です。
店舗やオフィスなどを借り、退去時に明け渡す際に求められることが多い工事です。
賃貸契約に原状回復を求める条項が定められるのが一般的です。
借りた際、何らかの設備や仕切りがあった場合は、それらを残す必要がございます。
工事内容には内装解体と修繕が含まれ、スケルトン工事とは異なります。

■スケルトン工事とは

建物の構造部分以外のものをすべて解体する工事です。
間仕切りや床のほかエアコンなどもすべて撤去し、室内空間だけを残します。
床下や壁内、天井部などに設置されている配管やダクトなどが丸見えになるような状態になります。

それぞれの工事についてしっかりと理解することで、退去時にスムーズに作業を進めることができるでしょう!

ご依頼はぜひ弊社に

内装解体工事を得意とする解体業者をお探しなら岐阜県関市や岐阜市を中心に活動している「馬場興業株式会社」にお任せください!
皆さまからのお問い合わせをお待ちしています。

岐阜県関市・美濃市などで家屋解体を営む業者『馬場興業株式会社』です
馬場興業株式会社
〒501-3217 岐阜県関市下有知3634‐12
TEL・FAX:0575-24-5104

お知らせ

関連記事

失敗しない解体業者の探し方

失敗しない解体業者の探し方

岐阜県関市の解体業者「馬場興業株式会社」です。 今回は「失敗しない解体業者の探し方」について解説しま …

娘の成人式

娘の成人式

コロナ禍で、成人式が開催できるか不安でしたが、無事に開催されました! …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

馬場興業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサービスを …

お問い合わせ  業務案内